第六回うつ病の人とのコミュニケーションその③具体的な接し方の例

2015年 6月 15日

こんにちは、宮原です。1年半ほどの期間うつ病経験者で、いま毎月うつ病に関するコラムを書かせてもらっています。

さて、このうつ病関連コラム。6回目となる今回は、うつ病の人とのコミュニケーション方法に関してお話しています。<その1><その2>も併せてお読み頂きたいですが、今回は、

  • 僕の「うつ病の時にやって欲しかった・やめて欲しかったこと」具体例
  • 最終的に、100%間違いのない接し方

についてお話します。

が、その前に前回までのおさらいをサラッとしたいと思いますねー!

<前回のおさらい>

うつ病を悪化させる悪循環の思考パターン「思考の悪循環」。

6回①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この『「思考の悪循環」を抑制させる』ことが、うつ病の人がして欲しいと思う対応そのものです。

『思考の悪循環を抑制』させるためには、次の2つの方法があります。

  • 「安心感」を上げること
  • 「負担感」を下げること

です。

6回④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心感とか負担感と急に言われても、ちょっと意味が分かりづらいと思いますので、実際に僕がうつ病だった当時の具体的なエピソードを踏まえながら、説明を進めたいと思います〜。

<うつ病だった僕が、身近な人にやって欲しかったこと>

前回、何で「思考の悪循環の抑制」を目指すのかというと、

  • うつ病悪化という悪循環の緩和に繋がるから
  • うつ病の人がして欲しいと思う行動、言動に直結してる場合があるから

と言いました。

そこで、僕自身のうつ病時代のことで恐縮ですが、当時「身近な人にして欲しかったこと」を一部例に挙げて、「思考の悪循環の抑制」についてお話ししたいと思います。

◎通院の付き添い

僕は、だいたい1週間〜2週間に一度のペースでクリニックに通院していました。平日の真昼間という時間帯が多いので、「毎回通院時に付き添って欲しい!」とまでは流石に求めませんが、ごく稀にでも、もし可能な日があればたまについてきて欲しいと思っていました。

 

理由としては、単純に、外出するという行為が非常にシンドい&怖いということもある他、クリニックの診察に同席してくれるというのは、僕の体調に強い興味関心を持ってくれているというのがとても伝わってくる行為なので、安心感を感じられると思ったからです。

◎通院日に診察の様子を話す

上記のように通院の付き添いをしてもしなくても、診察があった日に、

「どうだった?」
「今日はどんな人が待合室にいた?」
「新しい種類の薬とかもらった?」

など、少しで良いので、病院での話を自然としたいと思っていました。理由は、「病院の付き添い」と同様です。

 

◎薬の飲めてるか、たまに気にして欲しかった

処方された薬を、朝・昼・晩・寝る前と1日複数回服用しなくてはいけないのですが、ついつい薬を飲み忘れてしまったり、また、薬の副作用によって体調がしんどくなっている場合があるので、たまーーにでいいので薬の話を振ってくれると嬉しいと思っていました。
というわけで、上記の3点を、「やって欲しかったこと」の例に挙げてみました。

これらは当時の僕がもしやってもらえたなら、どれも強い安心感を感じられる行為です。治療に対するフォローという言い方も出来ると思いますが、

 

「自分を気に留めてくれている」
「自分と自分の病気を理解しようとしてくれている」
「こんな状態の自分と関わりをもってくれようとしている」

 

ということが感じられ、まさに『安心感がアップ!』ということで、「思考の悪循環」の抑制に繋がります。

<逆に、僕がやって欲しくなかったことの例>

では、逆に「やって欲しくないこと」では、どういう効果を生んでいたのでしょうか?それらを控えることで「負担感が下がる」=「思考の悪循環の抑制」となるのでしょうか?

これまた、僕の経験上の「やって欲しくなかったこと」を挙げていきたいと思います。

◎急に、人と会わせようとする

「◯◯さん(共通の知人や会社の同僚など)が心配してるから会ってきなよ。」

「◯日の◯◯時から、 〜〜さんが遊びに来てくれるって。了解しちゃったから」

等といった感じで、特に求めてたわけでもないのに(心配してくれてるとはいえ)人と会うように勧めたり、もしくはセッティングされてしまう場合。外出すること・人と会話をすることが満足に出来ない状態ということもあるほか、うつ病の自分を人に見られるということ自体含めて、なかなか強いストレスを感じました。

◎家に人を呼ぶ

上記と似通っていますが、僕目当てでなく、同居している家族目当ての友人・知人であっても、勝手に家に人を呼ばれるとストレスに感じやすかったです。ストレスの理由としては、人が家に上がってきてもまともに挨拶もできない状態なので、家族に対しても客に対しても申し訳なく感じ、また、そんな自分自身にガッカリするからです。また、自分が家で寝込んでいることを他人に知られるのが情けないと思ってしまいます。

◎タスクを増やす(掃除洗濯・買い物といった家事など)

頼まれる内容にもよると思いますが、基本大したことができないので、キャパオーバーの内容だと、「雑用すらもこなせない自分にガッカリ」「頼みをこなせず家族に申し訳ない」と、自分を責めるタネになってしまいます。

◎しっかりとした外出

その時の体調にもよりますが、上記と同じくキャパオーバーの場合、非常にしんどいことです。家族は「外に出た方が気分転換になる」等という理由で提案してくる場合があり得ますが、病気の症状のほか、単純に体力が落ちてるという要素もあるので、ガッツリとした遠出に急に対応するのはなかなか難しいです。最寄りのコンビニ・スーパーに行ければ御の字という認識を持ってもらえれば嬉しいです。

◎長時間のテレビ鑑賞

うつ病の最中は、本や雑誌や新聞といった文字はもちろんのこと、テレビの映像や音なども気持ち悪くなる原因となる場合があるので、例えば「映画のDVD(2時間)でも観よう〜!」と気軽に誘ってきたり、また同じ室内にいるときに大音量での音楽番組やバラエティ番組を観られるのは、勘弁して欲しいなぁと思っていました。
上記5つを、「やって欲しくなかった」ことの例としますが、これらは見事に僕のなかで「負担感のアップ」に繋がり、思考の悪循環が促進されていました。

 

それぞれ、「自分はなんてダメなヤツなんだ…」と思ってしまったり、単純に疲労感に繋がったり、せっかくの気遣いを負担に感じてしまうという自責の念であったり、そしてそういったことを全体的に理解してもらえていない孤独感であったり。逆にいえば、これらを控えてもらうことで負担感が下がり、思考の悪循環の抑制へと繋がるでしょう(間接的に、「理解してくれている!」という安心感がアップするとも言えます)。

<最終手段&間違いのない方法>

「うつ病の方への接し方」というのは非常に難しいテーマですが、困った時にひとつの指針となればと思い、長々とお話しさせてもらいました。が、最後に身も蓋もないことを言ってしまいますが、どういった接し方が「安心感を上げる」のか「負担感を下げる」のか。そして結果的に「思考の悪循環の抑制」に繋がるのか。これは、正直人によって異なると思います。

 

そうなんです。そうつ病の方によって、また時期によっても、アウト・セーフの境界線が少しずつ異なります。

 

また、いくら「安心感を上げる」「負担感を下げる」というキーワードを肝に銘じていても、具体的にどんな行動すれば良いのか分からなくなってしまう場合も多々あるかと思います。

 

そんな時、最終的には、うつ病の方と「どうしたらいいのか?」を話し合って擦り寄せていくのが大事だと思います。「正直にいうとあなたに◯◯をしていいのか、ちょっと分からないんだけど、あなたに余計な負担を与えたくないから、どうなのか教えて欲しいな」といった気持ちを丁寧に言葉にしてみましょう(もしくは、書籍やWebサイトを一緒に読みながら、話し合うのもいいかもしれません)。

 

「うつ病の人に声をかけない方がいいのではないですか?」という質問を、とてもよく受けるのですが、負担になるのかどうかは、これも人によって・場合によって異なるのです。声をかける際に、あなたが思う限りの「安心感」を胸に秘めつつ、接してみてください。ほとほと困り、疲れ果てる前に、こういったストレートな方法もあることを知っておいてください。

 

事前にどんなに本で読んでも、Webサイトで勉強しても、お医者さんの意見を参考にしても、その対応があなたの大事な人にとって100%確実で正解の対応かどうかはわからないのです。ただ、現にこういったサイトをチェックし、正直に「こういう時はどうしたらいいかな?」と真摯に訪ね向き合おうとするあなたは、とても素晴らしく、またうつ病の方に安心感を与えることが出来る方だと思います。

 

僕たち一般人は、専門家や薬の存在と違って、うつ病の方の症状を直接的にグングンと良くすることはなかなか難しいかもしれません。しかし、僕たちの対応ひとつひとつで、どんどん暗闇に沈んでいく悪循環真っ只中のうつ病の方の気持ちを引き止めることが出来るかもしれません。そして、他の治療の効果をさらに効きやすくするかもしれません。また、最悪の状態を未然に防ぐことだって出来るでしょう。そんな一歩に、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです〜。

 

弊サイトには、うつ病当事者の方やその周囲の方へのインタビューもありますので、お時間あれば併せて読んでみてくださいね〜!

 宮原直孝 一般社団法人いっぱんじん連合 代表理事 1984年 長野生まれ。 会社員時代の09年 7月頃〜11年1月頃までうつ病により休職、その後退職。 転職活動がうまくいかない現実逃避から何となく勢いで当法人を設立。 現在はヘラヘラしながら、 ・深夜に都内を集団で歩く「深夜徘徊イベント」 ・ただダラダラとダベるだけの「ダベPartner活動」 ・出来る事であれば何でもする「代表デリバリーサービス 〜心が弱った時に、都合の良い男〜」 などを行う。 抱えている柴犬は、よく出来ていますが木彫りです。

<執筆者プロフィール>
宮原直孝
一般社団法人いっぱんじん連合 代表理事
1984年 長野生まれ。
会社員時代の09年 7月頃〜11年1月頃までうつ病により休職、その後退職。
転職活動がうまくいかない現実逃避から何となく勢いで当法人を設立。
現在はヘラヘラしながら、
・深夜に都内を集団で歩く「深夜徘徊イベント」
・ただダラダラとダベるだけの「ダベPartner活動」
・出来る事であれば何でもする「代表デリバリーサービス 〜心が弱った時に、都合の良い男〜」
などを行う。
抱えている柴犬は、よく出来ていますが木彫りです。

Categories: 用語集

Tagged in: タグ: ,


「もし、あなたの大切な人がうつ病かも?と思ったら、 あなたは最初に何をしますか?」 家族のためのうつ病対策アプリ