家族のうつ病に関する悩み対策(病気について) 病院の選び方

2014年 10月 1日

hospitalうつ病のチェックリストを利用して、家族がうつ病かもしれないと思っても、どんな病院、診療科にかかればいいのか選び方が分からないというお声をお聞きします。

うつ病の治療をおこなう専門科は、精神科、もしくは心療内科です。精神科と心療内科の違いは以下の通りです。
【精神科】
「うつ病」「統合失調症」「神経症性障害」などのこころの病気を診ている、精神科の医療機関です。
【心療内科】
心理的な要因で身体の症状(胃潰瘍、気管支ぜんそくなど)が現れる、いわゆる「心身症」を主な対象としていますが、実際にはうつ病を診ている医療機関が多くあります。
多くの精神科医師は、うつ病を含めた精神疾患を幅広く診療していますが、特定の精神疾患を専門に診ている医師もいます。受診する前に医療機関に患者の状況を伝え、受診可能か確かめてみましょう。
また、うつ病の場合、通院期間が長くなることが多いので、医療機関を選ぶ時には通いやすいこと(場所や時間など)も考慮しましょう。
病院を探す場合、都道府県のウェブサイトなどに最寄りの精神科、心療内科を検索できる情報提供システムが整えられています。(医療機能情報提供制度)このシステムを利用する、もしくは、精神保健福祉センターなどに相談することもできます。
(医療機能情報提供制度:住民・患者による医療機関の適切な選択を支援するため、病院等に対し、医療機能に関する情報について都道府県知事への報告を義務づけるとともに、報告を受けた都道府県知事はその情報を住民・患者に 対して提供する制度。)

PINT(ピント)には最寄りの精神科、心療内科の病院、クリニックを検索できる機能が導入されています。